<< 幼稚園。 | main | 量産体制? >>

新顔。

IMG_5151.jpg

 

マロン「みかんどの、あれを見てくれるか?

いつも来ているでござる、この庭先のウッドデッキに・・・」

 

IMG_5150.jpg

 

みかん「おいどんもよく見ているでござる・・・

孫の凛姫(rin 4歳)がヒヨドリの爛ーちゃん瓩噺討鵑任ったのう」

 

IMG_5123.jpg

 

<リンゴのお裾分け、朝食を食べに訪れるヒヨドリのキーちゃん>

 

IMG_5122.jpg

 

マロン「ところで、そちはどなたでござるか?」

 

IMG_5115.jpg

 

「わちきのことで?・・名前は爛轡礇蹇璽鶚瓩任△蠅鵑后ΑΑΑ

 

IMG_5117.jpg

 

なんざんす?「わっちは爛瓮き瓩反修靴鵑靴拭ΑΑΑ

 

IMG_5155.jpg

 

マロン「ふむ、その言葉遣い、どこかで聞いたことが・・・

そうだ思い出したでござる、天国へ旅立って久しいが、あの爛淵爛覘瓩匹里慮用語、

誠に懐かしゅうございます」

 

FB_IMG_1583744824841.jpg

 

<故 ナムル>

 

FB_IMG_1583744816755.jpg

 

<久しぶりにナムル登場>

 

IMG_5157.jpg

 

マロン「う〜、お久しぶりでござった。その飛行機耳、懐かしいのう・・・」

 

IMG_5114.jpg

 

シャローン「こんな感じでありんすか、飛行機耳・・?」

 

マロン「耳の角度も違う、煮ても焼いても食えぬ、いや、犹ても似つかぬ瓩箸

このことでござろう」

 

「そんなことより、そなたたちは、この御家の狄郡薛瓩箸澆拭

 

IMG_5116.jpg

 

メイ「見破られては、仕方がないでござんす・・・」

「卯月から、わっちのママと孫娘、猫類が二つ、足して四つほど

この御家でお世話になってござりんす」

「以後、よろしゅうしておくんなし・・・」

 

IMG_5149.jpg

 

みかん「そういうことでごわしたか、御家に人類が四つ、犬猫類が四つ、

なるほど、そのように・・・で、卯月から幼稚園、楽しそうじゃのう、

 

 

されど、もう一人足りないではないか、凛姫のパパはどうしたのじゃ?」

 

IMG_5123.jpg

 

キーちゃん「聞いてはならぬ・・深〜い御家のご事情が・・

そのことは以後禁句じゃ、それから、わてら夫婦もよろしゅうおたのもうします・・・」

 

IMG_5112.jpg

 

シャローン「諸事情は今年中にはわかることなので、ここはこれで収めてくんなまし・・」

 

IMG_5113.jpg

 

メイ「触れてはならぬ、そういうことにいたしんす・・」

 

「ところで、マロンどの、どうしていつも狎絖瓩出てるでありんすか?」

 

IMG_5156.jpg

 

マロン「いやいや、それは・・爛乾曠鵝▲乾曠鶚甞韻出てきたでござる・・

拙者もマスクをつけねば・・・(と話をそらしたマロンであった)

なんやら世間では『コロナ』とか、とんでもない流感が広まっていると騒いでいるようじゃ、

皆の衆、ご自愛くだされ・・・」

 

つづく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする









calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
links
selected entries
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM