<< ありがとう。 | main | 4歳、おめでとう。 >>

カウントダウン。

2020年東京五輪の開幕まで1年となった24日(水)、

大会公式時計を担うスイスの高級時計ブランド「オメガ」が、

JR東京駅(東京・丸の内)の駅前広場に、

オリンピック・パラリンピック開幕までの残り時間を刻む

「カウントダウンクロック」を設置した(日経電子版)

ことをテレビで観ていた。

 

s-20190725-kyouto-uv20190725183854.jpg

 

翌日、小生はその場を訪れることになっていた。

たまたま、京都大学経営管理大学院の特別講座があったためで、

丸の内中央口から会場である新丸ビルへはこの時計の前を通るのが最短導線だった。

道行く人々がオブジェを囲みカメラにおさめていた。

ここ(撮影ポイント)から前に出ると撮影の妨げになりそうなので・・

外国人を含めてたくさんの人がこのライン周りを占拠中。

 

s-20190725-kyouto-uv20190725183842.jpg

 

この大型時計は、高さ約4メートル、幅約3.2メートル、重さ約3.5トン、

大会エンブレムと昇る朝日をモチーフにしたデザイン(日経電子版)だそうだ。

片面が五輪開会式まで、もう一方の面は来年8月25日に始まる

パラリンピックまでのカウントダウンを表示している。

 

s-20190725-kyouto-uv20190725184120.jpg

(新丸の内ビル)

 

「カウントダウン」という言葉。

色々な場面で使われるが、小生も今年は色々なカウントダウンがありそうだ。

健康・身体に係るモノ、会社経営に係るモノ、そして、狃わりは始まり

今年終ったモノ全てがカウントダウンだ!

 

s-20190725-kyouto-uv20190725185513.jpg

 

そう言えば、京都大学経営管理大学院の特別講座も残りあと一回、

次回は8月1日、終わったら次への「カウントダウン」。

 

s-20190725-kyouto-uv20190725214318.jpg

 

s-20190725-kyouto-uv20190725214441.jpg

 

帰路の『東北祭り弁当』

<青森>魚介のもと焼き、イカメンチ、<岩手>鮭の西京焼、わらびの一本漬、花れんこん、

<秋田>ハムカツ、いぶりがっこ、<宮城>炭火焼牛タン、ミニ笹かまぼこ、若鶏と野菜の煮物。

<山形>山形県産つや姫ご飯、米沢牛のすき焼、いりごま・・おしながきより。

自慢の味が勢ぞろいで、美味しゅうございました!

 

やはり本場の味をご相伴にあずかりたい。

ならば、東北へ出かけようか、こちらも旅への「カウントダウン」が始まった?

 

 

受講生

 

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
links
selected entries
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM