<< 地域のグルメ。 | main | 道づくり、まちづくり。 >>

遊び心と視点。

「ミウラ折りの世界」宇宙は遊び心で・・・

事の始まりは、太陽光発電衛星(Solar Power Plant Space)を

1956〜60年の提案からはじまったそうです。

 

s-20180929-miuraoriDSC_0274.jpg

 

このほど、「ミウラ折り」の発案者である、元文部省宇宙科学研究所教授、

現東京大学名誉教授の三浦公亮(みうらこうりょう)氏の講演を聴講しました。

 

チューハイ缶や缶コーヒーなどに使われている「PCCPシェル」模様や、

地図、人工衛星のパネルの畳み方「ミウラ折り」考案者として有名です。

 

s-20180929-miuraoriDSC_0283.jpg

 

ちなみに、この地図を広げてから、左右一定の力を加えると・・・

 

s-20180929-miuraoris-20180928-goodsIMG_9230.jpg

 

s-20180929-miuraoris-20180928-goodsIMG_9229.jpg

 

どんどん、自動で小さくまとまってしまいます。

 

s-20180929-miuraoris-20180928-goodsIMG_9228.jpg

 

缶酎ハイはあんなに薄い素材で大丈夫なのか?

缶コーヒーも自動販売機で購入した際にけっして凹まない!確かにそうだ。

これらも、三浦先生の理論が応用されています。

 

s-20180929-miuraoriIMG_9232.jpg

 

軽くて丈夫・・・「ミウラ折り」は今から60年以上も前の「太陽光」、

しかも、宇宙で人工衛星の太陽電池パネルを広げるための展開方法として

(小さく飛ばして、大きく広げる)の提案だったそうです。

 

s-20180929-miuraoriDSC_0285.jpg

 

1930年生まれ、御年88歳米寿の先生から何事も「遊び心と視点」が

大事であることを教えていただきました。

 

s-20180929-miuraoriIMG_9236.jpg

 

ちなみに『那須高原サイクルマップ』(那須高原ロングライド実行委員会発行)は

ご縁があって、この「ミウラ折り」を採用しています。

 

 

take


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
links
selected entries
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM