100回目の盆踊り大会。

記録によると、102年の歴史がある“盆踊り大会”・・・

戦時中に2回ほど開催を見送ったこともあり、今年で「100回記念大会」となった

『那須塩原市盆踊り大会』が12日、14日に梅雨への逆戻りの天候に悩まされながらも、

真夏の夜の祭典が開催されました。

 

s-20170812-bonodoriIMG_0814.jpg

 

s-20170812-bonodoriIMG_0927.jpg

 

s-20170812-bonodoriIMG_0921.jpg

 

s-20170812-bonodoriIMG_0930.jpg

 

s-20170812-bonodoriIMG_0918.jpg

 

s-20170812-bonodoris-20170812-bonodoriIMG_0949.jpg

 

s-20170812-bonodoriIMG_0954.jpg

 

s-20170812-bonodoriIMG_0957.jpg

 

s-20170812-bonodoriIMG_0964.jpg

 

s-20170812-bonodoriIMG_0913.jpg

 

s-20170812-bonodoriIMG_0915.jpg

 

s-20170812-bonodoriIMG_0917.jpg

 

s-20170812-bonodoriIMG_0960.jpg

 

s-20170812-bonodoriIMG_0983.jpg

 

s-20170812-bonodoriIMG_0969.jpg

 

s-20170812-bonodoriIMG_1000.jpg

 

19年振りに会場が黒磯小学校校庭へ戻り、

あの昭和を感じる風物詩、地域の夏を代表するエンターテイメントでした。

 

さて、101回目はどのように?

 

 

ディレクター

 

 

 


フジパン謹製。

本日の「ランチ」はシンプルに、

先月に2歳の誕生日を迎えた2歳の孫が手付かずに置いていった

猝邵撻潺縫好淵奪パン。

それが、かなり美味しい❗

 

s-20170806-fujiIMG_4598.jpg

 

よく見ると、『フジパン』謹製でした。

 

s-20170806-fujiIMG_4597.jpg

 

このフジパンは何と、友人のミスター審判〜KM さんから会場音響のお願いを承けた

『2017フジパンカップ第41回関東少年サッカー大会』

(8/19〜20開催、於:那須塩原市青木サッカー場)の冠スポンサーではないですか❗

 

s-20170806-fujiIMG_4599.jpg

 

野菜と果物のミックスジュースを練り込んであるパンだそうで、

今日のランチはそんなシンプルでも中身は充実のジャムおじさん

オススメの逸品をいただきました。

 

 

 

s-2017030-rin20170717180915_IMG_0419.jpg

 

s-2017030-rin20170717174437_IMG_0396.jpg

 

 

jiji


ランチを楽しむ。

久しぶりに宇都宮市内に泊まって、

翌日は打合せの後に市内でランチ。

 

s-20170731-lunchDSC_0122.jpg

 

s-20170731-lunchDSC_0124.jpg

 

s-20170731-lunchDSC_0125.jpg

 

市内の住宅地に・・・

 

s-20170731-lunchDSC_0126.jpg

 

古民家のカフェ。

室内には懐かしい曇りガラスの戸・・・懐かしい残された昭和を感じて

サラダと野菜カレーとアイスコーヒーと・・・

 

時間が止まったようなランチタイムでした。

料理もこだわりの味で美味しかった・・・ご馳走様でした!

 

また、行きたい。

 

 

Take

 

 

 

 


ふるさとの風景。

「日本でもっとも美しい村連合」に加盟した那珂川町。

その集落に狆砂(Koisago)畸篭茲あります。

 

s-20170726-nakagawa-machi20170726092342_IMG_0475.jpg

 

この棚田もその風景のひとつです。

 

s-20170726-nakagawa-machi20170726142223_IMG_0747.jpg

 

s-20170726-nakagawa-machiIMG_0751.jpg

 

 

そして、旧馬頭町内には、

 

ここは犂テ岨(Kentokuji)瓩了各察

 

s-20170726-nakagawa-machiIMG_0652.jpg

 

山間に佇む倏脇院(Batoin)

 

s-20170726-nakagawa-machi20170726123949_IMG_0680.jpg

 

御堂の“鐘”

 

s-20170726-nakagawa-machi20170726125522_IMG_0698.jpg

 

猖榮沖

 

s-20170726-nakagawa-machiIMG_0702.jpg

 

倏脇広重美術館瓠弊澤廚老┯Ω禹瓠

(乾徳寺の手前に隣接)

 

s-20170726-nakagawa-machi20170726112829_IMG_0615.jpg

 

s-20170726-nakagawa-machiIMG_0625.jpg

 

s-20170726-nakagawa-machiIMG_0632.jpg

 

盛夏、ふるさとの木陰から“涼風”をお贈りします。

 

 

Take


思い思いの那須ロングライド。

「思い思いの那須高原ロングライド2017」、

という言葉が合うような、今夏の那須高原ロングライド・・・

真夏の青空の下、全国からエントリーされたサイクリスト

約3000名の皆さまが那須高原の風を感じて、思い思いにペダルをこぎ、

楽しんでいただきました。

 

このイベントを支えて下さった約500名のボランティア、

関係者の皆さまをはじめ、1年間議論を重ねながら本番まで一緒に

行動をしてくださった実行委員の皆さまには、猛暑の中でも準備から

おもてなしの細部に至るまで、「日本一のライドマナー、日本一のおもてなし」

という私たちの目標テーマをご理解いただき、それを全力で達成すべく

頑張っていただきましたことに対しまして、会をまとめるリーダーとして

ここに心から感謝を申し上げます。

 

s-201707010-lrIMG_4009.jpg

 

ゴールしたサイクリストの皆さまからは

「みなさんのおかげで楽しませてもらいました!」

「ありがとう、来年も来るよ!」、

「食べて、走って、のんびりしたら、“タイムアウト”だってよ!

<足切りサムライが居て>(笑)・・いやぁ、まいったね、

日本一のおもてなしに感動!」、(満面笑顔)」・・・

エントリーした皆さまから応援メッセージ生をいただきました。

 

s-201707010-lrIMG_4044.jpg


そして、ボランティアの皆さまからも

「自分はいつも走る側だったけれど、今回もスタッフとして充実していました。

今日一日にとても感動しました。来年もまたボランティアで参加します!」、

「熱い中の立哨員担当でしたが、

皆さん通過するたびに気持ちよく“ありがとう”って言ってくれて、

これが那須高原ロングライドだね!参加して良かった」、

「とてもよい社会勉強、体験ができました。

次回は妻と一緒にブランティア登録します!」・・・・

自転車に乗る人、それを支える人、相互からの嬉しい言葉に

私たち実行委員はとても励まされ、

心地よい疲れと共に感動の余韻に浸っています。

 

s-201707010-lrIMG_4042.jpg

 

今夏の「思い思い」には、もう一つの意味がありました。

今回は、実行委員会の了承を得て、3月下旬、那須高原の雪崩事故で犠牲になった

県立大田原高校生の高瀬淳生(あつき)君(16歳)の思いを

実現しようとの思いでした。

 

ロード用自転車が大好きだった淳生君、

愛車を自宅の部屋にまで持ち込むくらいのめり込みようだったそうです。

私達は同じサイクリストとして思いました。

おそらく、彼が元気だったら、

必ず今夏は「那須高原ロングライド」にエントリーをしたかったに違いないと・・・

 

そして、お母様に私たちの思いをお伝えするためにご自宅へ訪問しました。

そこで、お母様が身に着けていた2つの数珠を託されました。

それは、淳生君が小学校の頃から出かける時に安全を祈願して必ず付けていた

「御守」、大切な形見でした。

 

〜淳生君、100kmを一緒に走ろう!〜

そう言って大切なものをお預かりしました。

 

当日9日7時30分過ぎ、いよいよ那須ブラーゼンの新城銀二選手が

数珠を背中のポケットに大切にしまい込みスタートしたのです。

 

s-201707010-lrIMG_3999.jpg

 

淳生君は、憧れのプロロードレースチームの選手と一緒に

自転車で行ける那須最高峰の地、サイクリストが一度は登ってみたい

憧れの標高1462m、「峠の茶屋」へ到着!

 

s-201707010-lrIMG_4002.jpg

 

それは、自転車が好きだった彼の大きな夢を叶えた瞬間だったと

私たちは信じています。

「淳生君、そこからの眺めはどうでしたか?」、

「そうでしょうね、この風景に感動しましたね!」・・・

 

完走した新城選手、「自転車が大好きな淳生君の思いをしっかり持って

100劼魎袷しました!」と日焼けした顔に白い歯がこぼれて

手元には走り切った証拠のサイクルコンピュータが107勠瓩鯢充┐靴討い泙靴拭

 

s-201707010-lrIMG_4016.jpg

 

s-201707010-lrIMG_4020.jpg

 

100劼魎袷できたことは、人を介して当日の夕方にお母様にはお伝えしました。

 

そして、今手元には、

「ヒルクライム100 栃木県立大田原高等学校 高瀬淳生 FINISHER」と書かれた

≪完走証≫があります。

 

s-201707010-lrIMG_4011.jpg

 

明日の夕方、サイクリスト仲間の印でもあるスタッフTシャツと共に

お届けして参ります。

 

結びに、あらためて本イベント開催にあたり、多大なるご協力、ご支援を頂いた

すべての関係者の皆様に心からのお礼と感謝を申し上げます。
 

本当にありがとうございました。

 

当会副会長で、オフィシャルカメラマンの前田君がコースで走る

新城銀二選手のスナップを撮影していると思います。

写真の整理がまとまりましたら、その様子も皆様にご紹介したいと考えています。

 

 

2017.07.11(セブンイレブンの日)

那須高原ロングライド実行委員会

会 長 高根沢 武一 

 


“小風のガーデン”その4

梅雨も本番入りした空模様ですね。

雨に似合う花と言えば、“あじさい系”ですね。

小生には個々の花々の知識はありませんが、

それくらいは分かっています。

 

さて、本日の「小風のガーデン」をお届けします。

 

s-20170702-IMG_3888.jpg

 

s-20170702-IMG_3891.jpg

 

s-20170702-IMG_3884.jpg

 

s-20170702-kazeIMG_3890.jpg

 

s-20170702-IMG_3895.jpg

 

s-20170702-IMG_3897.jpg

 

s-20170702-IMG_3904.jpg

 

s-20170702-IMG_3902.jpg

 

s-20170702-IMG_3900.jpg

 

s-20170702-IMG_3912.jpg

 

s-20170702-IMG_3910.jpg

 

梅雨の大雨が昨夜から今朝にかけて・・・

 

庭の“水やり”が賄われましたね。

 

 

Take


日曜の一日。

本日は、来週9日に開催される『那須高原ロングライド2017の下準備に

県内外から25名を超えるボランティアの皆様に集まっていただきました。

心から感謝です。

私達、実行委員を陰で支えてくださる皆さん、暑い中ではありますが、

終始スマイルで作業をしていただいています。

ありがとうございます❗

 

s-20170702-IMG_3857.jpg

 

那須サイクルステーションに集合したボランティアの皆様。

 

s-20170702-IMG_3852.jpg

 

看板の修正や設置、のぼり旗、横断幕の設置など、作業は多岐に渡ります・・・

 

s-20170702-IMG_3862.jpg

 

s-20170702-IMG_3860.jpg

 

s-20170702-IMG_3861.jpg

 

s-20170702-IMG_3870.jpg

 

那須町文化センターのスタート&ゴール付近。

 

s-20170702-IMG_3873.jpg

 

s-20170702-IMG_3879.jpg

 

那須町寺子丙前原地区のコース、那須連山が望めます。

 

箒も用意して、各コース道路上の清掃活動も・・・

 

s-20170702-IMG_3865.jpg

 

本日は、みなさんの日曜日のお時間を頂戴しました。

25名×日曜の休暇×汗×笑顔=ボランティアさん。

 

感謝

 

 

イベント成功の序章が始まったと思います。

気合を入れて.....作り込みます!

 

 

実行委員会会長

 

 

 

 

 


ビール列車で乾杯。

カーペットトレインNODOKA号瓩嚢圓!

サッポロビール飲み放題の旅❗

出発進行❗

 

s-20170702-IMG_3829.jpg

 

とは言っても・・・僕は飲めません。

スタッフとして“車掌”役です。(笑)

 

貸し切り列車で「那須の生ビール」を飲みながら、地域の「」を

堪能し、那須塩原駅から郡山駅間を日帰り往復した『』、

その車内での演出が小生の役目です。

 

s-20170702-IMG_3836.jpg

 

3両編成で、1号車と3号車には、このような展望シートがあります。

*写真は黒磯駅停車時撮影。

ここで、直流交流の切り替えの為、3分間ほど停車。

 

s-20170702-IMG_3830.jpg

 

運転席は2Fに、車掌スペースは1Fにあります。

 

s-20170701-jrIMG_3835.jpg

 

車内アナウンスは、Radio Berryでおなじみ、“とろろ”さん。

この電話機がなんと!“オルゴール付マイク”なのです。

 

s-20170701-jrIMG_3842.jpg

 

乾杯の御発声は、サッポロビール那須工場大道(おおみち)工場長

 

s-20170701-jrIMG_3840.jpg

 

こちらは、ご挨拶中の本イベント企画の「なすてつ」の小島代表

 

s-20170702-IMG_3827.jpg

 

定員は75名様、即日完売でした。車内はこのような感じです。

ビール列車は、今回で恒例3回目の催行です。

毎回、電車が違いますが、

この「NODOKA号」は新潟から那須塩原まで運びました!

普段は東北本線は走らないいわゆる“レアー”な列車だそうです。

確かに、車窓から見える沿道にカメラマンがたくさんいましたね。

 

s-20170702-IMG_3847.jpg

 

みちのくの郡山駅では、歓迎の横断幕で駅長御一行がお出迎え!

 

s-20170702-IMG_3826.jpg

 

こちらは“オマケ”↓

 

s-20170701-jrIMG_3845.jpg

 

とろろ”さん、頑張りました!さすが、プロのアナウンサー。

でも、彼女曰く、「JRの本当の車掌さんは上手い!」って言ってました。

そうですね、キャリアと場所が違うかな?

スタジオではなく、動いて狭く、マイクは受話器型

だいぶ違ってましたね。

 

s-20170702-IMG_3851.jpg

 

なすてつ×小島さん、

今回も「」が叶ってご機嫌でした。

 

 

車掌兼ディレクター

 

 

 

 


那須キャビア。

黒磯カヌークラブ副幹事で友人の渡邉政博

10年のチョウザメ研究がいよいよ商品化

那須キャビア」&「那須チョウザメ料理」の試食会

 

s-20170621-watanabeIMG_3473.jpg

 

チョウザメ養殖についてレクチャーをする渡邉氏。

 

創作された料理の数々・・・

 

s-20170621-watanabeIMG_3467.jpg

 

s-20170621-watanabeIMG_3457.jpg

 

s-20170621-watanabeIMG_3464.jpg

 

s-20170621-watanabeIMG_3469.jpg

 

s-20170621-watanabeIMG_3450.jpg

 

s-20170621-watanabeIMG_3452.jpg

 

育てた上げた夢の那須生まれの食材が、

洋の大平総料理長(中央)&和の寺田総料理長(左)によって

那須の逸品」になった日❗

 

s-20170621-watanabeIMG_3443.jpg

 

s-20170621-watanabeIMG_3470.jpg

 

 

産地の那須塩原市北和田の住人


いとこ。

いとこ同士のスナップ。

 

s-20170618-IMG_3426.jpg

 

s-20170620-pbIMG_3417.jpg

 

s-20170620-pbIMG_3423.jpg

 

駈(kakeru)4歳&凛(rin)1歳・・・来月にはプラス1歳に。

 

s-20170620-pbIMG_3396.jpg

 

s-20170618-IMG_3432.jpg

 

s-20170618-IMG_3407.jpg

 

s-20170618-IMG_3405.jpg

 

[レゴ]も完成・・・

楽しかった想い出に。

 

 

jiji


calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
links
selected entries
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM